北海道随一の品揃えワインショップです。 こだわりのワイン酒蔵グランヴァンセラー

ご注文後に商品の品切れや送料の修正等をメールにてお知らせしております。必ずご注文内容・金額をご確認くださいます様お願い致します。


 
 
 
 
   ローヌ > ビュルル  ジゴンダス 2014
 
 
 
前の商品 ビュルル  ジゴンダス 2014 次の商品
 
 
ビュルル  ジゴンダス 2014


[拡大画像]
 
商品コード : 11033   
価格 : 3,330  [税別]  33ポイント
定価:円
数量 売り切れ

 
商品についての問い合わせはこちら
 

※画像とヴィンテージが異なる場合がございます。
※現行ヴィンテージについてはお問い合わせ下さいませ。

実店舗でも販売しておりますので、在庫がご用意出来ない場合はご了承下さい。
在庫数につきましては、お問い合わせ下さいませ。

 
商品詳細

【生産地】フランス ローヌ

【品種】グルナッシュ80%、ムールヴェードル20%
【タイプ】赤 フルボディ

E.A.R.L.Burle Gigondas
収穫量を35hl/haに抑え、手摘みして除梗はしません。
マセラシオンは25日間行います。ろ過も清澄もされていません。
色濃く、胡椒のようなスパイシィな香りがあり、しっかりとしたタンニンのある凝縮したワインです。風味、力強さは一番です。
オレンジのラベルはそのままに、ジゴンダス村の紋章が浮き彫りになった重厚感のあるボトルに詰められています。
樹齢:グルナッシュ、80〜90年、ムールヴェードル30年
葡萄園面積:1.3ha。

ワイナリーについて
父の死で一つの時代が終わり、3人の兄弟が一丸となって復興に力を出し切った2005年…見事、怪物が復活!

エドモン ビュルルは2004年10月に他界しました。
エドモンには3人の息子がおり、次男フローランと三男ダミアンがドメーヌを継ぎました。
フローランは‘95年から畑作業を中心に、ダミアンは’97年から醸造を中心に働いていました。
2人が相続したドメーヌの畑は、A.C.ローヌが5ha、ヴァケラスが1.1ha、ジゴンダスが0.8haです。残念ながらエドモンが亡くなってからワインの品質は低下し、弊社も‘04年はジゴンダスしか購入しませんでした。
このことが2人に危機感を与え、また家を出ていた長男ベルナールも彼らのことが気がかりで、2人に畑の管理方法を教えるなど、3人でビュルルのワインを復活させることに取り組みました。
エドモンの時代もやっていなかったグリーンハーベストや剪定等もおこない、その結果’05年はエドモン以上の品質となりました。

‘06年に訪問して、フローランとダミアンの、「父の個性は尊重しているし、目指している所は一緒だと思うが、父とは違う個性を発揮したい。」と、目を輝かし生き生きと語る言葉に、自分達のやり方で個性を確立しつつあることを感じました。
良い品質のワインを造るためのポイントとしては、除梗をしない、長いマセラシオンを行う、完熟した葡萄の収穫をあげています。
’03年のように実が完熟しても皮がしていない葡萄はだめで、皮まで完熟した状態で収穫したいと考えています。彼らのこだわりを持った葡萄造りのポイントは、以下の通りです。

畑の土を耕し、地中深くまで葡萄の根が伸びるようにして、乾燥への耐久性を高め、深層部から養分を吸収するようにする。
鍬入れをすることで微生物の数を減らすことなく、土壌の通気を良くすることが出来る。
化学肥料は一切使用せず、潰した葡萄の枝などを使用したオーガニックの堆肥を撒く。
カビ等の病害対策にはボルドー液と硫黄だけを使う。
剪定は、結果母枝に5芽を残し、翌年のために2芽を持つ予備枝を残す。葡萄の葉がよく育ち、風通しがよくなるように葡萄樹を高めに仕立てる。
光合成を行い、糖分を生成する器官である葉を育てることで葡萄の実が最大限に熟し、また風通しをよくして湿気による腐敗を防ぐ。
5月にエパンプラージュ(胴吹きした芽を取り除く作業)、8月の終わりにグリーンハーベストを行う。日当たりの悪い場所についている葡萄は完熟しないので取り除く。また、収穫を制限して品質の高い葡萄を育てる。