北海道随一の品揃えワインショップです。 こだわりのワイン酒蔵グランヴァンセラー

ご注文後に商品の品切れや送料の修正等をメールにてお知らせしております。必ずご注文内容・金額をご確認くださいます様お願い致します。


 
ハードリカーその他 > ゴンザレス・ビアス ティオペペ (375ml)
前の商品 ゴンザレス・ビアス ティオペペ (375ml) 次の商品
ゴンザレス・ビアス ティオペペ (375ml)


[拡大画像]
商品コード : 2651   シェリー
価格 : 1,400  [税別]  14ポイント
定価:円
数量 在庫あり

商品についての問い合わせはこちら

※画像とヴィンテージが異なる場合がございます。
※現行ヴィンテージについてはお問い合わせ下さいませ。

実店舗でも販売しておりますので、在庫がご用意出来ない場合はご了承下さい。
在庫数につきましては、お問い合わせ下さいませ。

商品詳細

【生産地】スペイン 

【品種】パロミノ
【タイプ】甘味果実酒 辛口

Gonzalez BYASS Tio Pepe
ティオ・ペペとなれる葡萄は、ゴンザレス・ビアス社の自社畑の白い石灰石土壌に実るパロミノ種だけ。もちろん、手摘みで一房一房ていねいに収穫しています。
発酵が終わった原酒は、ソレラと呼ばれる、年代の違うシェリーを混ぜ合わせる伝統の方法で熟成されます。ソレラの巧妙な熟成は、つねに安定した品質を約束しています。葡萄から絞られてティオ・ペペになるまで、6年以上を酒倉で過ごします。熟成には、極めて安定した温度と湿度の涼しい環境が必要。
そして、なにより酒倉で熟成を見極める技と勘が、その品質を支えています。熟成中のシェリーを動かすことなくテイスティングするベネンシアドールも、そのひとつ。創業以来、頑固なまでに品質を追求しています。

ワイナリーについて
在世界でいちばん有名なシェリー・メーカーであるゴンザレス・ビアス社の歴史は、1835年にまで遡ります。創業者は、当時若干23歳だったマヌエル・マリア・ゴンザレス・アンヘル氏。
シェリーの聞き酒の名手であり、「ティオ・ペペ」の名前の由来ともなった彼の叔父・ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャ氏の助力のもと、自分のシェリーを造って輸出するためのボデガ(酒倉)を購入したのが、その始まりだといいます。初年度の輸出量は樽にして10樽程度のものでした。しかし、わずか3年後には819樽にまでその業績を伸ばします。
やがてイギリスのワイン販売代理業者ロバート・ブレイク・ビアス氏を共同経営者に迎えて事業は飛躍的に拡大。社名も現在のゴンザレス・ビアスと改め、1862年には、女王イザベル2世がへレスの町を訪問した際、王室御用達のメーカーとして「王家承認」を受けました。
1870年頃には、早くも貯蔵庫に1万個を超えるワイン樽を備え、へレスの町いちばんのシェリー・メーカーとして揺るぎない地位を確立しています。
このようにして世界的に有名となったゴンザレス・ビアス社のボデガには、日本の皇室や各国の王室、チャーチル元英首相、F1レーサーのアイルトン・セナなど、そうそうたる人物が訪れており、彼らがサインをした数々の記念樽が保存されています。